印西と北総エリアのお役立ち情報&遊び方

Inzai Navi

印西の観光

印西市の観光でオススメ厳選スポット!印西市民がガチで選んでみた!

更新日:

印西市観光

ここでは、印西市の観光スポットを厳選してご紹介します。印西市民の目線でガチで選びたいと思います。

印西市の観光といっても、ドライブなどが好きなアウトドア派の方もいれば、どちらかというと買い物やカフェでお茶を飲んだりという過ごし方が好きな方もいるはず。

ここで紹介するのは、印西市民の筆者が、これまで実際に行って満足できたり良かったと思えた場所がメインです!

家族連れで遊ぶときはもちろん、デートスポットとしても利用できると思いますよ♪

 

印西市の観光スポット!アウトドア派にオススメの場所はココ!

まずは、アウトドアが好きな方にオススメの印西市の観光スポットを紹介します。ちょいマニアックな場所も紹介しますね。

あらかじめお伝えしておくと、印西市は、いわゆる人口的な観光スポットがたくさんあるわけではありません。むしろ、「広い空」や「自然」があるだけで幸せ感や満足感を感じられる人には、居心地の良さを感じられる街だと思っています。

>>  印西市が住みやすい理由5つ!印西在住15年で見えたデメリット&メリット

 

では、さっそく本題に入りますね。

 

印西市内でザ・観光!「ぶらり川めぐり」の船旅

アクティブに楽しめる印西市の観光スポットとして、またデートスポットとして船旅はいかがでしょうか?

筆者自身も、以前友人が遊びに来たときに一緒に体験したことがあるのが、印西市「ぶらり川めぐり」の船旅。友人もけっこう喜んでくれたのを覚えています。

これは、六軒川、弁天川、手賀川をめぐるプチ船旅です。

 

その名の通り、ボートに乗って水面から陸を眺めるというマニアックなツアーです。でも、川から見る印西の景色は、陸から見る雰囲気や景色とはまた違った趣があるので、オススメですよ。

JR成田線・木下駅の北側に位置する、印西市中央公民館の裏に小さな船着き場があり、そこから乗船して川めぐりの旅ができます。

 

いわゆる利根川に出ることはなく、水深の浅い、六軒川、弁天川、手賀川をゆったりとめぐる船旅です。それで、安全に印西の川からの景色と観光を楽しむことができます。

なお、ボートで巡る川は、分流となっているような小さな川です。それでも、さまざまな水鳥や魚などが生息していたり、桜の花に代表されるように草花の開花を楽しんだりと、風情がある旅になります。

 

ポイント

  • 運航予定: 4月上旬~11月下旬までの第1週目・第3週目の土曜日・日曜日
  • 貸切の場合: 上記運航日・運航期間以外でも相談可能
  • 運航の時間帯:午前10時~午後4時(最終運航3時30分)
  • 予約の必要: 完全予約制(予約は、事前に印西市観光情報館(イオンモール千葉ニュータウン内)で行う必要あり)
  • 問い合わせTEL: 0476-45-5300
  • 料金:以下の通り
  • 60分コース(手賀川まで進み発作の田園風景も楽しめるコース)⇒ 大人(1名)1,000円 小学生(1名)600円
  • 手賀沼コース(船を一隻貸し切って手賀沼まで行くコース)⇒ 一隻11名様まで1時間あたり10,000円
    ※小学生未満は無料

 

個人的には、桜の花の開花の季節や秋などの季節がオススメですね。印西市内の彼氏&彼女とのデートスポットを探している方や家族連れでの観光スポットとしてもオススメです。

季節を体感できる一方、夏は暑く、逆に春先や晩秋の気温の低い日は、案外、寒さを感じます。それで、飲み物を持参したり、上から羽織れるモノを用意するなど体調に注意なさってください^^

 

釣り好きカップル&家族に!下手賀沼で釣り&桜見物

印西市の一部、そして柏市と白井市が地理的に接している場所にあるのが、下手賀沼です。印西市での観光スポットとしては、少しマニアックかもしれませんがオススメできると思います。

もし、釣り好きであれば、釣りデートなどでカップルで釣り糸を垂れてみるのがオススメですね。

さて、場所なのですが、県道59号線と県道282号線に挟まれるように位置しています。木下街道(県道59号線)を走ってきて、県道282号線に入ると、姿を現すエリアですね。

 

一般論ですが、手賀沼は、千葉県内でも有数のバス釣りスポットとして有名ですよね。

でも、その手賀沼水系に属する下手賀沼は、個人的に好きな場所です。

その理由は、目立たず、ひっそりと静かな雰囲気があること。とくに、夕暮れ時の独特の雰囲気が好きです。

もし、釣り好きであれば、車を停めてゆっくり釣りを楽しんだり、周りの景色を見て癒されたりという楽しみ方がオススメです。「何もないのが嫌いじゃない」方は気に入ると思います。

そんな印西市での何気ない観光スポットを探している方にはオススメしたいですね。

 

散歩しつつ歴史に思いを馳せる・木下万葉公園で印西観光

木下万葉公園・印西観光

Via: Instagram

散歩しつつ歴史に思いを馳せることができるのが木下万葉公園です。印西市民にとっても穴場的な存在の公園です。

程よいウォーキングをしつつ観光したい方や歴史が好きなカップルにオススメの印西の観光スポットですね。

とくにオススメしたいのが、桜や藤の花の開花時期や紅葉の時期。長い滑り台もあり、子供だけでなく大人も滑る姿を見られます。

公園内にある”木下貝層”は、約10万年前の地層といわれています。今の関東平野は、かつては「古東京湾」と呼ばれる海の下にありましたが、このように貝層が化石になっているの大変珍しく、見てみる価値はあるでしょう。

印西デートスポット・万葉公園

Via: Instagram

バリアフリーにもなっている散歩道があり、それをゆっくりと上がっていくと、展望台があり木下の町並みが見えます。夜に行くと木下の町並みの夜景が見えるのでオススメです。

ポイント

  • 木下万葉公園の所在地: 千葉県印西市木下1944

といっても、規模的にはぶっちゃけ小さいので、ここを最終目的地(そんな人はそもそもいないと思いますが)という感じではなく、上で紹介したプチ船旅などのついでに立ち寄ってみましょう^^

テイクアウトしたコーヒーや弁当などを持って、のんびりとひと時過ごすみたいな利用の仕方もイイと思いますよ♪

 

二人でのんびり打ち放し! 木下ゴルフセンター

印西デートコース・木下ゴルフセンター

Via: Instagram

ゴルフが好きな方なら、彼氏&彼女二人でのんびり打ち放しなんてどうでしょうか?

木下ゴルフセンターは、正直300ヤードオーバーのような長距離をドライバーで思いっきりかっと飛ばしたいという方向けではないです。

正直、狭いです。しかし、自然に囲まれた静かな環境でのんびりと打ち放しや練習を楽しみたい方やカップルに向いていると思います。

もちろん、家族で印西市観光にやってきた際などにも、立ち寄るのもアリだと思います。

 

ちなみに、アプローチ練習場も併設されているので、「パターが苦手・・・」とか「アプローチを集中的に鍛えたい」なんていう方は、打ち放しついでに利用してみるのもオススメです。

近くには、平岡自然公園もあるので、”バーベキューのついでに立ち寄る”なんて利用の仕方もアリですね。

 

木下ゴルフセンターの詳細情報

  • 所在地: 千葉県印西市別所1266
  • TEL: 0476-42-6990
  • 料金: 以下の通り
  • 入場料・打席料: 250円
  • ボール1コイン50球:  400円
  • 夜間照明料: 100円
  • ボール券(11枚券): 4,000円

 

一般的に、大規模な打ち放し施設は、ドライバーで思いっきりかっ飛ばしたりといった目的には向いていると思います。

でも、あえてこういう林の中にひっそりとたたずむゴルフ場でのんびりと打ち放しというのも、たまにはイイものだと思います^^

 

犬の散歩&夜景や桜の時期もオススメ!牧の原公園

印西観光・牧の原公園

Via: Instagram

もし、犬を飼っているなら、犬の散歩をさせつつのんびりとウォーキングできるのが牧の原公園です。夜景もきれいですので、印西市観光やデートのついでに立ち寄ってもらいたい場所です。

 

ポイント

  • 所在地: 千葉県印西市牧の原5丁目1613番地1

 

また、桜の開花時期には桜のトンネル状態になってきれいですので、弁当持参で立ち寄るのもオススメです。

印西観光・牧の原公園

Via: Instagram

前方後円墳状の丘に登って見る景色は素晴らしく、天気が良ければ筑波山や、空気が澄み渡っていれば富士山を一望することもできます。

地元の人にとっても憩いの場ですね。筆者もよく行きます♪

あと、印西市民であれば、併設されているテニスコートを利用してみるのもイイですね。

 

日本らしからぬ・・・印旛沼峡谷も印西市観光でオススメ!

印旛沼峡谷・印西市観光

出典元:グーグル

筆者が横浜から移転してきて驚いたのが、”印旛沼峡谷”の素晴らしい景色。”印旛沼峡谷”というのは分かりやすくいうと、印旛沼をつなぐ形で流れている水路状の川です。

川の両脇が丘陵に囲まれているために高低差が生まれ、この素晴らしい景色を実現しているわけです。

なお、地図には「印旛棲水路」という名称で記載されています。

とくに、県道65号線の山田橋を渡る際に下を見下ろしてみると、なんとも壮大な景色が感動的です。

ところで個人的には、この山田橋の近くに、以前は昭和チックなドライブインがあってなんともイイたたずまいだったんですが、昨今のドライブイン離れの影響もあるのか、いつの間にか閉店してしまったのが残念でした。

印旛沼峡谷・印西市観光デート

出典元:グーグル

さて、山田橋から渓谷までは、けっこうな高さがあって、流れる川の雰囲気といい、その脇に設けられた「自転車専用道路」との調和具合といい、景観が抜群にイイんですよね。

もし自転車が趣味であれば、「自転車専用道路」を走ることをオススメします。

ちなみに、ドライブで来たのであれば、下に降りてみて川の両脇を少し走ってみることもできますが、車で下道を走ると意外に大したことがないような気がします^^

どちらかというと、車で「サッ」と通りすぎるよりも、「自転車専用道路」を自転車で実際走ってみて感じる季節感や雰囲気などが、ここの”醍醐味”だと思いますね。

 

樹齢は300年超!印西の定番観光スポット!吉高の大桜

印西市デートスポット・吉高の桜

「吉高の大桜」というと、おそらく桜のシーズンに見る桜をイメージする方も多いはず。

印西市の観光スポットとしてあるいはデートスポットとして、もちろんオススメしたい場所です。実際、「吉高の大桜」の桜開花シーズンは非常に美しいですよね。

でも、一度でも吉高の桜を見に行ったことのある方であれば、開花ピークシーズンの人の混み具合のスゴサにも驚かれたことがあるかも・・・。

ちなみに、これはマニアックすぎるかもしれませんが、筆者はドライブでごくまれに吉高の桜を見に立ち寄ることがあります。

印西市デートスポット・吉高の桜

「吉高の大桜」にしても、普段の桜の花の満開時の印象の方が強いと思います。

でも、桜の花を全くつけていない時期の桜の木からも生命力の強さを感じたり、生き生きと生い茂る葉の様子を見ることができます。誰もいない時期の「吉高の大桜」も立ち寄りついでに見てみると、また趣が違ってイイんですよね(個人的感想)。

上記で取り上げた”印旛沼峡谷”の近くですので、もしついでがあれば、立ち寄ってみることをオススメします。

 

印西観光スポットではずせない!白鳥が飛来する迫力!白鳥の郷

印西観光・白鳥の郷

毎年、多くの白鳥が飛来して餌を十分に食べ、やがてシベリアへと旅立つ・・・そんな白鳥の飛来地が、千葉県印西市本埜にある「白鳥の郷」

ちなみに、かつて本埜は”村”だったのですが、印西市と合併し現在に至ります。

毎年「白鳥の郷」に飛来してくる白鳥の数は1000羽以上です。日本国内でいえば、毎年5000羽もの白鳥が飛来する新潟県瓢湖が有名ですが、それに次ぐ国内屈指の白鳥飛来地です。

ちなみに、白鳥は寒い真冬の時期に「白鳥の郷」に飛来し、3月にはさらに寒いシベリアに飛んでいくという習性があります。

印西観光・白鳥の郷

これは、水辺に氷が張らず餌が手に入れやすい理想的な環境のため「白鳥の郷」に飛来してくるのが理由と、白鳥のもともとの縄張り意識の高さで広大な土地を必要とするその本来の習性も影響しています。

白鳥は、案外、個人主義な性格の鳥なんですね^^

 

ポイント

  • 白鳥の飛来地:千葉県印西市笠神

 

話を戻して、「白鳥の郷」は、たくさんの白鳥を観察したり、写真に収めたりということが可能な貴重なスポットといえます。

印西市の観光スポットとしてオススメしたいですね♪

 

緑と水がテーマ! 千葉県立・北総花の丘公園

印西市のデートスポット北総花の丘公園

ある意味印西市の定番観光スポット&デートスポットといってイイのが、緑と水がテーマの「千葉県立北総花の丘公園」です。

筆者自身も、桜の開花時期に花見に行ったり、友人たちとバーベキューをするために利用したり、散策したり、陶器市の時期には陶器を見に行ったりと、けっこう利用する機会が多い公園です。

印西市のデートスポット北総花の丘公園

良く管理されていますので、安心して園内で時間を過ごすことができます。

千葉ニュータウン方面の美しい建物の景色が見えたり、空も広いため、園内の場所や角度によっては、外国の公園にいるような錯覚を覚えることもあります^^

 

千葉県立北総花の丘公園の場所など

  • 所在地: 千葉県印西市原山1-12-1
  • TEL: 0476-47-4030
  • 駐車場: 300円(4時間まで ⇒ 4時間以上は600円)

 

敷地面積は50ヘクタールに及ぶ広大な土地に、いくつもの広場、文化館、ドッグラン、散歩道が整備されており、楽しみ方はいろいろですね。ただ、駐車場料金が微妙に高いのが、デメリットといえるかもですね。

また夏など、時期によっては水があるせいか蚊が多い気がします。蚊よけスプレーを持参するなど”蚊対策”をきちんとされることをオススメします。

 

印西市の観光スポット!非アウトドアの方にオススメはココ!

どちらかというと、アウトドアでアクティブというよりも、比較的静かに印西市で観光できる場所を探している方もいるはず。ここでは、そんな方のために、印西市でオススメしたい観光スポットを紹介します。

といいつつ、定番の観光スポットが多くなってしまいます^^

 

復活気味!ビッグホップ(BIGHOP)ガーデンモール印西

ビッグホップ(BIGHOP)ガーデンモール印西は、買い物ができてご飯も食べられるお店もあり、カラオケやボーリング場もありと、一か所で時間をつぶせる施設だと思います。

ちなみに、印西市民目線ですが、ビッグホップ(BIGHOP)ガーデンモール印西ができたときには、「印西にアウトレットがオープン!」とテンションが上がりました。でも、時間の経過とともに明らかにお客さんが少なくなりました。

そのうち、筆者の行きつけのお店(テナント)が撤退し、友人と「これまずいんじゃない?」なんて話をするようになったことを覚えています。

 

正直、一時期は魅力的なテナントが続々と撤退して、言い方はアレですが「ゴーストタウン」のような閑静なショッピングモールになってしまっていました(個人的感想)。

それが、この数年ようやく盛り返してきている印象です。やはり、その理由が集客ができるお店がテナントとして入るようになってきたことにあると思います。

でも、まだまだ&もっと頑張ってほしいと思います^^

やはり少し足を延ばすと酒々井にアウトレット(しかも拡大に拡大を重ねていてお客さんも多い)があったりと、ライバルも強いんですよね・・・。どれだけ、強いテナントに入ってもらえるかで、今後の発展がどうなるかに影響するので、印西市民としては気合入れて頑張ってほしいところです。

 

ビッグホップ(BIGHOP)ガーデンモール印西

  • 所在地: 千葉県印西市原1-2
  • TEL:0476-40-7505(インフォメーションセンター/10:00~20:00)

 

牧の原モア&ジョイフル本田千葉ニュータウン店

牧の原モアとジョイフル本田千葉ニュータウン店は、道を隔てて位置しており、互いに近いこともあって買い物ができたり時間をつぶしたりできるショッピング施設といえます。

牧の原モアについては、いくつか個性的なお店もありつつも、いわゆる郊外型のお店がテナントとして入っていて・・・という感じですので、千葉県内の他の市から来られた方などは、なんとなく既視感を覚える方もいるかも。

さて、ジョイフル本田千葉ニュータウン店は、そのスケール感と規模からオススメできます。

よくありがちなのが、家族でもお父さんとお母さんでは全く趣味や嗜好が違っていたり・・・なんてケース。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kumamon mon312さん(@kumamon_mon312)がシェアした投稿 -

Via: Instagram

でも、ここでは、ほぼ間違いなく自分の好きな趣味などに特化したお店があったりするので、時間を有益に使えるはず。

個人的にオススメなのは、車検をジョイフル本田千葉ニュータウン店に出しつつ、その間、お店で時間をつぶしたり、お茶を飲んだりする過ごし方です。

 

>>  【体験談】印西市で安い車検はジョイフル本田千葉ニュータウンの車検!その理由とは

 

とくにジョイフル本田千葉ニュータウン店の2階は、趣味のコーナーといってもイイです。絵画や焼き物、革細工、各種工芸などの趣味系のグッズやツールを販売しています。見ているだけで楽しくなるはずです。

 

 牧の原モアの情報

ジョイフル本田の情報

  • ジョイフル本田千葉ニュータウン店の所在地: 千葉県印西市牧の原2-1
  • TEL: 0476-47-6811(ホームセンター )
  • URL: https://www.joyfulhonda.com/

 

ジョイフル本田で売られている商品で「家が1軒建つ」と言われるほど、その商品群がスゴいので、見ていて飽きないですね。

 

印西市の観光でオススメ厳選スポット! ~ まとめ

印西市の観光でオススメ厳選スポットをここでは取り上げました。イオンとかコストコなども、多くのお客さんを集めてはいますが、もはや観光スポットではなくなってしまいますよね。

ですので、ここでは、それらのショッピングモールやお店は、あえて取り上げていません。

印西市の弱点は、ザ・郊外型のお店は多いのですが、個性に欠けているように見える点。このあたりはこれからも要改善な気がしています。

しかし、なんでもない自然の美しさなどがあり、そのあたりを理解できて時間を過ごせる方にとっては魅力的なエリアやスポットはたくさんあると思います。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

-印西の観光

Copyright© Inzai Navi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.